大阪福島の江戸前寿司「鮨 千陽(ちはる)」

日本語 | ENGLISH | 中文 | 한국어

スタッフブログ

大阪福島の江戸前鮨『鮨 千陽』のお知らせや更新情報ブログです。
旬のコースの内容やおすすめメニューの愉しみ方、江戸前鮨にまつわるお話など、お楽しみに。

2017.05.18

「シンガポール日記」ベンチマーク

こんにちは!

先日、シンガポールのミシュラン1つ星「すし道 Shinji」さんにお邪魔してきました。
「すし道 真次」は東京銀座にある「鮨 かねさか」のシンガポール店です。
シンガポールに2店舗あるそうです。

今回5つ星ラグジュアリーホテルの「セントレジス・シンガポール」の中に入ってる2号店に行かせて頂きました。
店内は明るめで天井も高く落ち着いた雰囲気で入ると最初に目に飛び込んでくる壁一面に日本酒、ワインがずらりと並んであるのが印象的でした。

IMG_7548

新鮮な魚は週に4回、築地から空輸され他の食材も全て日本から仕入れているそうです。
今回は前菜一種、お造り三種、一品物三種、握り9貫、留椀のランチコースを頂きました。
一貫一貫、丁寧で握り具合も口の中でほぐれ、シャリの大きさも丁度良く勉強になりました。その他のお料理も美味しく大将の食材へのこだわりを感じました。

IMG_7538

IMG_7536

そして何より笑顔が素敵な大将の菊池さん!
魚の事、器、お酒を熟知されており質問しても分かりやすく説明してくださり、とてもお話が面白く勉強になりました。
私も色々勉強しないといけないなと痛感しました。

IMG_7520

落ち着いた素敵な空間と美味しいお鮨を頂きとても幸せな時間を過ごさせて頂きました。
有難うございました。

 

 

 

 

2017.05.12

始めまして、永澤圭祐です。

初めまして

飲食人大学、寿司マイスター専科夜間2期生卒業の永澤圭祐です。
昨年10月から3ヶ月間学校に通い、今年の1月から千陽に入社いたしました。
2月からランチやディナーで一階の握りを担当させて頂いてます。
初ブログということで、簡単に自己紹介させていただきたいと思います。
私は平成3年生まれの現在25歳です。
小さい頃からサッカーが好きで、小中高大学、そしてそのあと2年半、ドイツで昨年7月頃までサッカーをしていました。
フランクフルトの近くの地域で、プロとしてではありませんがサッカーをし、過ごしていました。
sakka
ドイツにて
なぜ寿司職人になろうと思ったかと申しますと、ドイツでの生活の中で、寿司の人気というものを肌で感じておりましたし、またドイツや海外で生活してみたいと思ったからです。
ドイツの寿司事情ですが、実際まだまだ日本人の寿司職人が作るようなお寿司は少なく、巻物などが中心です。
ドイツではまず魚自体が他のものより高価ですし、あまり普段は食べません。
この頃では回転寿しもドイツに出てきていて、20€(2000円ちょっとぐらい)で食べ放題などあります。
ただ回っているものは鮪、サーモン、タコ、イカ、鯖ぐらいであとは巻物や野菜のお寿司などです。
サッカーのチームメートなどに寿司の話を聞くといつも生魚は生臭いとか、焼魚でも骨があるし面倒だということを言われました。それだったら肉の方がいいと。
日本のように新鮮な魚が簡単に手に入らないですし、さらに高価なのが現状です。
しかし、ドイツの友人やサッカーのチームメートに巻物や簡単なお寿司を作ってあげると、大変喜ばれたことを覚えています。
nigiriunnamed
チームメイトに振舞った握り寿司と巻き寿司
またそのレシピを教えてと言われ、教えるとそのドイツ人がホームパーティーなどで自分の教えた巻き寿司を作り、他の友達に披露していたこともありましたし、友人を日本人シェフの日本食屋でお寿司やお造りを食べてもらうと新鮮でとてもとても美味しい!と言って頂けました。値段は少し高くなってしまいますが、やはり新鮮な魚だと日本のスタイルのお寿司も美味しいと思って貰えると強く感じました。
千陽へも最近たくさんの外国の方がご来店くださっています。とても美味しいと沢山の方々から言って頂けているので、江戸前寿司の技法を生かして、ドイツや他の海外の方にもお寿司を自分の手で提供したいというのが今の夢です。
これまで日本の飲食関係で働いたことはなく、
今毎日が勉強ですが、先生や先輩方、同期、仲間に助けられながら、全身全霊で頑張っています。
まだまだの身ですが、精一杯握らせていただきますので、皆様にお会いできることを心よりお待ちしております。
tiharu
永澤圭祐

2017.05.02

「シンガポール日記」営業開始

5月1日より「たまや鮨カウンター」での営業がスタート致しました。

IMG_7491

 

IMG_7496IMG_7492

 

 

お客様から「美味しい」「また来るよ」などと御言葉を頂きとても嬉しかったです。

これからもより美味しい物をお出しできる様、精一杯やって参ります。

皆様の御来店心からお待ちしております。

【たまやダイニング】

Japanese cuisine TAMAYA DINING
45 Cuppage Terrace (S) 229464
Tel. 6835 3539(営業時間外ご予約 9101-3407)

Facebook

https://m.facebook.com/TamayaSG/