大阪福島の江戸前寿司「鮨 千陽(ちはる)」

日本語 | ENGLISH | 中文 | 한국어

スタッフブログ

大阪福島の江戸前鮨『鮨 千陽』のお知らせや更新情報ブログです。
旬のコースの内容やおすすめメニューの愉しみ方、江戸前鮨にまつわるお話など、お楽しみに。

2017.04.18

「ご当地伝統寿司」 阪急百貨店の催事に出店します!

明日、4月19日(水)~25日(火)阪急百貨店地下フードステージに鮨千陽、出店させて頂きます。

テーマは「ご当地伝統寿司」

鮨千陽は江戸前鮨ですが今回は大阪伝統の箱寿司を実演、販売致します。

江戸前の技術×大阪の伝統のコラボレーションを是非!お楽しみ頂けたらと思います。

 

箱寿司は「桜鯛箱寿し」と「三宝箱寿し」の二種類です。

unnamed

~桜鯛箱寿し~

酢〆した旬の桜鯛に甘酢で漬けた大根を添え、塩漬けした桜で爽やかな

香りに仕上げました。

ほんのり透けた鯛に桜のピンクが個人的にたまりません^^

 

 

 

 

IMG_6708

~三宝箱寿し~

茹海老、煮穴子、昆布〆の炙りサゴシを使い、それぞれのシャリには

干瓢・黄身そぼろ・桜海老・壬生菜の浅漬けを挟んで仕上げました。

 

 

 

 

どちらも大阪名物の箱寿司に旨みを引き出す江戸前技法を用いております!(※全て税込み価格となります)

・桜鯛箱寿し  ロング一本 2,000円  ハーフ一本 1,500円

・三宝箱寿し  ロング一本 2,800円  ハーフ一本 1,800円

 

普段お持ち帰りはやっておりませんが、ロング、ハーフ共に一日各10本限定で店頭販売も致します!

IMG_6743

ご予約も承りますので店舗にてスタッフにお声かけ頂くか、お電話にてお問い合わせください。

電話06-6450-8685

 

豊島

 

 

2017.03.30

Japanese SAKE Nechi 

初めまして、3月から千陽の1階で握りを担当しています竹口です
30代に見られる事が多いですが、こう見えても平成生まれの26歳です。
unnamed
今から1年前に利き酒師の資格を取得し、現在は上級資格である酒匠を取得するため勉強しております!
今回、ご紹介させて頂くのは私の大好きな日本酒、千陽のラインナップの中でもひときは目を引くのがこちらの
「Nechi」
DSC_0526
4合瓶でパっと見はワイン?と思われませんか?オシャレですよね。
こちらのNechiは新潟県糸魚川市の雪深い自然豊かな山あいの地である根知谷で造られるお酒で原料米から一貫して造られたこだわりの日本酒。
ラベルに年度表記があり、ワインで言うヴィンテージの様ですが、、Nechiはその年その年のお米の味を生かして造るために、お米の収穫年を表記されているようです。
味わいは米の旨味をしっかり残しつつ吟醸酒ならではの華やかな香りを感じさせてくれるお酒で杯を重ねるごとにその味わい、余韻にうっとりさせられます。
ご来店の際は是非、美味しい江戸前寿司のお供にNechiをお楽しみ下さい!
またお好きな飲み口などがございましたら、気軽にお声かけ下さい。
メニューに載っていない季節酒などもございますのでご案内させて頂きます。
皆様のご来店心からお待ちしております。
竹口

2017.03.28

「LIFE~夢のカタチ」に出演します!

皆様こんにちは、豊島です。料理人さんの多く出演されるドキュメンタリー番組、

 

「LIFE~夢のカタチ」に4月1日、出演させて頂きます。

 

ニュース番組等結構出させて頂いておりますが、こんなに密着されたのは初めてでした。

なかなか無い経験ですので、ディレクターさんを始めとする撮影チームの皆様との印象的だった事を綴らせて頂こうかと思います。

 

業界用語では”物撮り”と呼ばれる商品撮影、LIFEの撮影チームはいくつかあるようなので皆様そうなのかはわかりませんが、私を担当くださったディレクターさん、京師さん率いるチームはこの物撮りにとても時間をかけてくださっておりました。

 

 

自分の作った料理を大の大人たちがこんなに真剣に、少しでも恰好良く撮ってやろうと躍起になって下さっている姿はとても感動いたしました。

とある日の営業終了後…

コース二種の全商品を一つずつの撮影。時間のかかることは伺っておりましたが..

一つ一つ、角度、光の当たり具合、艶、チェックを繰り返し撮影していきます。

 

KIMG2350

その後コース全品を並べて撮るのですが、そのころには料理は艶が落ち、握りも乾き、ネタの重みで形も少し変わって来ています。それを並べ直し撮るのか、握り直すのかはお任せ下さいましたが、握り直すことをおススメ頂いている感じでした。

もちろん握り直して撮影して頂きましたが、京師さん、カメラさん、照明さん、アシスタントさん、皆さんその少し乾いてきた料理を食べていいですか?と残さず食べてくださるのです。時間がたっているのでこちらとしては申し訳ない気持ちなのですが、料理人としてはとても嬉しくもあります。

 

KIMG2317

夜が明けて、市場担当の早番の子達が帰ってくるころまで撮影は続きましたが、和気藹々、楽しそうに撮影されており、何日かご一緒させて頂きましたが、皆様プロフェッショナルで、紳士淑女な素敵な方々でした。

撮影を終え、寂しくなった程でした。京師さん、皆様有難うございました。

我が事ですが、放送楽しみにしております。

ホームページをご覧いただいている皆様、LIFE~夢のカタチ、4月1日午前11時より放送です!

お時間ございましたら見てやってください。よろしくお願い致します。

豊島