大阪福島の江戸前寿司「鮨 千陽(ちはる)」

日本語 | ENGLISH | 中文 | 한국어

スタッフブログ

大阪福島の江戸前鮨『鮨 千陽』のお知らせや更新情報ブログです。
旬のコースの内容やおすすめメニューの愉しみ方、江戸前鮨にまつわるお話など、お楽しみに。

2022.04.23

ケータリング!

先日、南禅寺でケータリングさせて頂きました!
とても貴重な経験をさせて頂き有難うございました☺️

2022.04.20

営業のご案内

いつも鮨千陽をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

【ディナー営業】
•4,400円コース/17:00〜,19:30〜
•8,800円コース/17:00〜,19:30〜
※8800円コースの方も一階でのご案内となりますので、
予めご了承くださいますよう、よろしくお願い致します。

皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ち致しております。

今後とも鮨千陽を宜しくお願い致します。

2021.11.03

お魚紹介〜鰹編〜

いつも鮨千陽をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

今回ご紹介するのは鰹です。
日本では太平洋側に多く見られ、黒潮に沿って春に北上、秋に南下という季節的な回遊を行います。北上している際に水揚げされたものを「初鰹」、南下する際のものを「戻り鰹」と呼ばれております。

5419DD6B-735A-4FD5-A27D-CE3C95961C96

日本では古くから食されており、江戸時代には「目には青葉山ほととぎす初鰹」という俳句が有名となり、江戸っ子の間では「初鰹」を食べることが粋の証となったそうです。

C1BBA732-283D-49EC-AC87-54759D5BD00E
初鰹と戻り鰹では漁獲時期の違いだけでなく、大きな味の違いがあります。
「初鰹」は育ち盛りのため、身は透明感のある赤身でさっぱりとした味わいです。
「戻り鰹」は餌をたくさん食べてまるまると太っており、身は深みのある赤身で味も濃く、もちっとした食感が特徴です。脂のノリも良く「とろ鰹」と呼ばれたりもしております。

鮨千陽ではお造りにて戻り鰹をご提供しております。秋の味覚として是非ご賞味くださいませ。